成人における包茎について

成人の包茎は「百害あって一利なし」と言えます。
まず見た目にも良くないので、それがコンプレックスとなって、ネガティブな性格になってしまう方もおられます。
又、包皮に恥垢が溜まりやすくなって、衛生面においても良くないです。
衛生状態が良くない為、パピローマウイルスが発生してしまう可能性もあります。
尖圭コンジローマになったり、性交渉時にパートナーにうつして子宮癌のリスクを高めたてしまうリスクがあります。
さらに長年、包皮に亀頭が守られた状態が続くので、亀頭が敏感となり早漏になりやすくなります。
包茎の治療は「手術」が主となります。
環状切除術と言って、まず、余剰な包皮を切除し亀頭が常時露出する状態にします。
医療機関によって手術の方法もさまざまではありますが、なるだけ見栄えの良い形に仕上げていく形が望ましいと思われます。
包皮の色合いがツートンカラーになってしまったり、手術の痕が目立つようでは後々後悔する原因となるからです。
心配なことは専門の医療機関でしっかりと聞いてから手術に臨まれることをお勧めします。

包茎の治療なら新宿形成外科
https://www.s-keisei.jp/houkei/index.html#01

Comments are closed.

Post Navigation